前へ
次へ

治療したはずの歯が虫歯

以前に虫歯の治療を行って銀歯などがある人は少なくないでしょう。
しかし、その部分はすでに治療を行った部分だからと安心してしまっているようなことはないでしょうか。
銀歯などの金属をかぶせた治療を行った場合、金属は劣化しやすいこともありすき間ができてしまいます。
そのすき間から菌が入り銀歯の下で虫歯が進行してしまっていることもあります。
この場合、神経が死んでしまって痛みも感じず歯茎にまで侵入してしまい膿が出ることもあります。
口が臭いと感じたり明らかに歯茎から膿が出ていることがわかれば治療によって被せてあった金属の下で虫歯が進行してしまっている可能性もあります。
このような状態にならないためには、治療のためだけに歯医者にいくのではなく定期的に歯のメンテナンスを行うために通うことが必要でしょう。
自分では、なかなか気が付きにくい場合もあります歯医者で確認してもらうことは大切です。
治療が終わると何となくそのままになってしまうこともありますが定期的に歯医者に通って歯の健康を守ることも大切です。

Page Top