前へ
次へ

虫歯治療の奥の手はインプラント

虫歯は初期のものであれば詰め物やかぶせ物をすることで対処可能ですが、あまりに酷い虫歯になると抜歯せざるを得ないこともあります。
その場合は場所や残りの本数にもよりますが、ブリッジや差し歯では対応できないこともあるので、普段の生活に支障が出るほど大きな問題となることもあります。
そこでおすすめなのがインプラントです。
インプラントはまるで自分の歯のように使えるのが最大の魅力でして、ある程度堅い食べ物でも違和感なく噛み砕いて食べることができます。
見た感じも本物の歯と変わりありませんし、見た目も実用性も取り戻すことができる素晴らしい治療法です。
そんな便利なインプラントですが、最大のデメリットは治療費が高く付くことでしょう。
例えば通常でも40万円前後はかかると言われていますし、さらに状況によっては百万円近い費用がかかるケースもあります。
また、治療期間が数ヶ月間もかかることも、インプラント導入時の大きなネックの一つです。
歯茎を切り開いて行う外科手術になるので非常にデリケートな治療ですし、経済的にも精神的にも大きな負担をかけざるを得ません。
しかしそんなハードルの高い治療法でも、メリットの大きさを考えたら十分検討の価値があると言えるのではないでしょうか。

Page Top