前へ
次へ

虫歯を予防するためにできること

虫歯は進行性なので、放っておいて自然には治りません。
だからこそ予防が大切になります。
歯を磨くことは基本ですが、その他に何ができるでしょうか。
まず、歯磨き粉はフッ素入りのものを使うと良いです。
お口の中のばい菌によって歯が溶け出してしまっても、まだ穴が空いていなければ、フッ素で固めることができます。
また、キシリトールが入っているものもおすすめです。
虫歯のばい菌にも善玉菌と悪玉菌があるのですが、キシリトールは善玉菌の割合を増やしてくれます。
そして、寝る前は必ず歯を磨くようにしましょう。
実は一番虫歯になりやすい時間は眠っている夜なのです。
なので、夕飯や夜食を食べて歯を磨かないで寝てしまうことはよくありません。
どうしても眠くて歯磨きできないときは、うがいだけでもするのうにしましょう。
歯の質は三歳までに決まるとも言われているので、小さい時から歯医者さんに行ってフッ素塗布など行うとよいですね。
もちろん大人も歯医者さんに行った方が良いです。
どこも痛くなくても半年から一年に一回は定期検診でお口の中をチェックしてもらいましょう。
以上が虫歯を防ぐためにできることです。
ぜひ実行してみて下さい。

Page Top